セレモニーピアニストの日々

片山健太郎

イベント告知

私個人のライブ、イベントの実施について

投稿日:2022年9月14日

世間が(一部の方だけかもしれませんが)コロナ感染症について寛容になりつつある中、音楽ライブやイベントも各所で開催されるようになってきました。

そんな中、ありがたいことに不肖私めにも、「お前はいつライブをやるんだ?」と言うお問合せを受けるようにもなってきました。

今のところ、四間道右近での生演奏は定期的に続けていくつもりですが、それ以外のライブイベントについては、予定を立てておりません。

今日はその理由について、私の言い訳をここにダラダラ書いていきます。大したことは書きません。YouTubeのサムネに「重要なお知らせ」と打っておいて、観てみたら大したこと言ってないパターンはよくありますが、そんな感じのやつです。

先日9月10日、右近での演奏を無事やり果せる事が出来ましたが、その前に予定していた8月20日の演奏については、私の事情でキャンセルを余儀なくされました。

その事情は、事務所の主力事業である「献奏(お通夜/ご葬儀での生演奏)」です。要するに私がそちらに行かなくてはならなくなり、急遽右近の生演奏のほうに代役を立てて乗り切ったのです。

この件については右近さまにも大変なご迷惑をかけてしまい、今後もこのような突然のキャンセルが避けられないため、本来なら決して許されない状況なのですが、右近さまからの非常に大きなご厚意に助けられ、今後も演奏を続けさせていただくこととなりました。

とは言え、私がメインとなるようなライブで、こんな事はあってはなりません。あってはならないのに、献奏のお仕事が決まるのは、当日の朝なんてこともあります。つまり先の予定が立てられないのです。

もちろん、私以外に献奏に関わってくださる演奏スタッフはおります。おりますが、特にライブイベントの時間帯と重なってしまうお通夜時間帯のスタッフは不足しており、私が頂戴する通夜献奏の内容の特殊性もあって、なかなかここに演奏スタッフを配置しづらい事情があります。

そんなわけで、私自身のライブイベントの再開については、もう少し先のことになるかもしれません。ただ、何らかの幸運な事情で出来るようになるかもしれませんし、昼のイベントであれば難易度が下がるので、半年ほど前にさせていただいた地区会館イベントのような内容であれば可能だと思います。

現在の私の個人活動は、インスタグラムやYouTubeへの動画アップが中心となっています。とにかく今の私は曲を作り溜めしたくてしょうがないのです。1年くらいみっちり作り溜めして、いずれオリジナル曲中心のライブがしたい、今は潜伏の時期と思い、日々生活しております。

ライブやイベント活動は止まっておりますが、私自身は動き続けております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

100本を目標にしているYouTubeへの動画アップも25本目、ようやく目標の4分の1です。最後にその25本の中での個人的な「推し」を3件紹介して、この記事を締めたいと思います。

推しその1.#08「Fly Away」

7月12日YouTube公開


さわやかJ-Pop系、航空会社のCMみたいなのを意識して作ってみました。いずれもう少ししっかりアレンジして再アップしたいと思っています。

推しその2.#18「Lucky Days」

8月3日YouTube公開


スコットランド民謡っぽく作ったつもりが全然"らしく"なりませんでした。でも個人的には好きな曲です。普通に生活する人への応援ソングにしたい、そんな気持ちです。

推しその3.#25「言葉の刃」

8月28日YouTube公開


'70年代フォークロック風の出で立ちに現代のメッセージをくっつけたちょっとシリアスな曲です。カップルの痴話喧嘩の体で曲が進んでいきますが、裏に社会風刺などを織り交ぜたダブルミーニングの手法で作っています。

3曲とも1番しかアップしていませんが、歌詞はほぼフルコーラス完成しているので、将来もしライブをする機会があれば、取り上げたいなあと思っています。

-イベント告知
-, , , , , , , , ,

Copyright© 片山健太郎 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.