セレモニーピアニストの日々

片山健太郎

自作パソコンの話 雑記

情報強者になれたのか? (DAW用のPCを自作した話 その1)

投稿日:2021年3月15日

今日は雑記、自作パソコンのお話です。

色々事情があって、事務所のウィンドウズマシン(PC)を新調する事にしたのですが、以前からPCはいわゆる「自作PC」と言うものを使っています。

細かい経緯は省略して、今回は自作PCを組む時に欠かすことのできないパーツの一つ「グラフィックボード」の話をしたいと思います。

「グラフィックボード」と言うパーツ。呼び方は色々あり、Wikipediaだと「ビデオカード」と言う名称を使用しています。略してグラボと呼んだりもします。詳しい説明は、そのWikipediaでもご覧になって下さい。

そのグラボ、昨年の12月に購入した物が私の手元にあります。GeforceのGTX1660スーパーと言うGPUを内蔵した中位モデルで、購入時の価格は26,000円くらいでした。

なぜその話をするかと言うと、2021年(令和3年)3月現在、世界的な半導体の供給不足からPCパーツが手に入りづらくなっており、中でもグラボの品不足が深刻化していると言うニュースを耳にしたからです。

実際、先日このグラボを購入した某PCショップ(隠さなくても写真に記載されたメーカー名でバレてしまう・笑)から私宛にメルマガが届き、なんと私の購入した機種を最高28,000円で買い取るとの事らしいのです。

私は転売するためではなく、使用するために購入したのですから売却するつもりは全くありませんが、このニュースには少々驚きを隠せませんでした。

なぜなら、この私、半導体の供給が不安定になる事を、昨年秋ぐらいには薄々察知していたのです。

・・・!!

えっ、なんなんだこの後出しジャンケンみたいな言い草はっ!!

もちろん、私は預言者ではありません。以前ブログにも書きましたが、昨年コロナ禍の中で悔しい思いをしたマスク問題(クリックで該当記事に飛びます)を経験した後、正確な情報を得る事を日々心がけ、その中で、半導体がヤバイと言う信頼に足る情報を入手したからに過ぎません。

現在の心境は正直もやもやしています。実際ネガティブな情報なんて、当たらない方が嬉しいし、「あの時欲張って2、3個買っておけば、転売で儲けられたのに」などと言う卑しい気持ちも、無いと言ったら嘘になります。今回の件で、生まれて初めて私が情報強者の側に立てた事を、ほんの少しは喜んでも良さそうな物ですが、何だかちっとも良い気持ちがしない。むしろ、買い逃して「クッソぉ、なんでこんなに品切ればっかなんだよう!」と地団駄踏んでた方が、自分らしいんじゃないかと言う気持ちにさえなっております。

ちなみに、さも預言していたみたいな言い方をしましたが、実際は、半導体不足を予想していたものの、そこに至ったプロセスは、私が思い描いていたものとは全く違う展開でしたので、正確には、予想をしっかり外しております。どうぞご安心下さい(何を?)

と言うわけで、せっかく持っているのだから、とっとと組み立ててしまおう。自作PCの制作記なんて、面白くもなんともないでしょうが、最近更新が滞っている事もあり、備忘録代りに記事にしてみようかなと思案中です。

2021.3.26 続きの記事を書きました。初RIZEN!!(DAW用のPCを自作した話 その2)

-自作パソコンの話, 雑記
-, ,

Copyright© 片山健太郎 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.