セレモニーピアニストの日々

片山健太郎

食と嗜好品

シングルモルトスコッチを試してみる

投稿日:2020年7月17日


(写真はフリー素材によるイメージです)

さて、前回のブログで、私がウイスキーにハマったことを書きましたが、ハマりだすと当然、いろんな種類のシングルモルトスコッチを飲みたくなるのが、自然な成り行きというものです。

でも、ボトルで買うと、1本1本お高いですね。アレって。

あれもこれもとフルボトルで買っていたら、うちの家計では確実に破産します(笑)。

興味がある銘柄をバーで飲むと言うのも良いですね。でも、昨今のコロナ禍で、まだまだ行くのに少し抵抗がある上に、私は引き籠りです。いずれは勇気を振り絞って行ってみたいとは思いますが。

今は便利な世の中で、フルボトルでお酒を買うのに抵抗のある人向けに、量り売りでお酒を販売するウェブサイトがいくつか存在します。

私は、ひとまずそちらを利用してみようと思い立ちました。

私が利用したのは、「HITOKUTI WHISKY」と言うサイトです。スコッチに限らず、アイリッシュやバーボンなど、色々な産地のウイスキーが30mlと言う少量から販売してもらえます。ウイスキー以外の酒類も、少しですが置いてあるようです。

サイトを開いて眺めてみると、まあ出るわ出るわ聞いたこともないような銘柄のオンパレードです。

スコッチウイスキーと言っても、蒸留所所在地の地域によって、大まかな味の傾向に違いがあるとの事。

うーん・・・。

同じ銘柄でも、樽の中で寝かせた年数が違ったり、樽の種類が違ったり、ブレンドの仕方が違ったりで、いくつものバリエーションがあるらしい。

う、うっ、ウーーム・・・。

掘っていくと色々面白そうではありますが、まずは「スタンダードな銘柄」と言われているものを十数種買い求め、その中から気に入ったものを1本選んで、フルボトルで買ってみようかと思います。

そんでもって、買いました。


買ったものをご紹介。

<ザ・マッカラン 12年 ダブルカスク>

<ザ・グレンリベット 12年>

<グレンフィディック 12年>

<グレンファークラス 12年>

<グレンモーレンジィ 10年 オリジナル>

<グレンドロナック 12年 シェリーカスク>

<ハイランドパーク 12年>

<ラフロイグ 10年>

<ボウモア 12年>

<カリラ 12年>

その他、写真に撮り忘れたもの、

<スプリングバンク 10年>
<ヘーゼルバーン 12年>

そして以前ミニボトル(小瓶)で購入した

<タリスカー 10年>

を合わせると、大体目ぼしい銘柄については押えたかな、と思います。もちろん他に気になるものもいっぱいありますが、自分のスタンダードを、まずはこの中から選んでみたいと思います。ちなみにこの中で、私が唯一知っていた単語は「マッカラン」だけ、後は初めて知った単語ばかりです。

あ、「ハイランドパーク」も知ってるわ。遊園地で・・・。

テイスティングが楽しみです。

2020.7.25 次の記事をアップしました。

-食と嗜好品
-, ,

Copyright© 片山健太郎 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.